利用料金

施設使用料に関する留意事項

  • 許可使用時間を超えて使用された時間に1時間未満の端数を生じるときは、その端数時間は1時間として計算します。
  • 土曜日、日曜日、祝日、振替休日に専用使用される場合は、使用料の2割増となります。
  • フィールド又はセミナールーム2の一部を専用使用される場合は、使用される面積の割合に応じ、別途、使用料を計算します。
  • 入場料を徴収し、かつ営利又は宣伝を目的とする場合は、使用料に入場料最高額の100倍の額を加算します。
  • セミナールーム1及び2・コミュニティルーム・ゲストルームの空調機器を使用される場合は、使用料にその実費に相当する額を加算します。
  • 電気(夜間使用に伴う照明料も含まれる)又は水道(水道の使用は別に定める場合に限る。)を使用される場合は、使用料にその実費に相当する額を加算します。

施設使用料の減額・減免

「山口きらら博記念公園」を使用する際、次のような場合に、施設の使用料が減額・減免の対象になります。

  • 体育の振興を目的とする公共的団体がアマチュアスポーツに使用する場合又は文化の振興を目的とする公共的団体が営利若しくは宣伝を目的としない文化活動に使用する場合は、半額になります。 「公共的団体」とは以下のいずれかに該当するものです。
    1. 県内に所在する公益法人(構成団体を含む)
    2. 県内に所在するNPO法人(構成団体を含む)
    3. 県内の複数市町において、広域的に活動を行う非営利団体
  • 児童・生徒若しくは学生(学校教育法に規定する学校の児童、生徒及び学生をいう。)が使用する場合は、半額になります。
  • 準備又は撤去のために使用する場合は、半額になります。
  • 公益上特に必要がある場合、その他特別の理由があると認める場合は、半額になります。

    「公益上特に必要がある」「特別の理由がある」とは、概ね以下のような場合です。

    体育の振興又は文化の振興を目的とし、営利若しくは宣伝を目的としない活動で、次のいずれかに該当する場合
    1. 市町が主催(市町が参画する実行委員会による場合を含む)、共催若しくは後援する催物
    2. 障害者が使用する場合
    3. 幼稚園又は保育所の幼児が教育上使用する場合
    この他、県が後援する催物等の場合も、半額になります。

お問い合わせ

企画運営課
TEL:0836-65-6903
FAX:0836-65-6902
水泳プール課
TEL:0836-65-6905
FAX:0836-65-6907

ページトップへ